« すっかり元気 復活なのだ。 | トップページ | そういえば 今日はみんな遅いんだった。 »

テリア気質

なかなか 最近は アイスとココと生活しているとテリア気質だからということを 忘れてしまっていて、普通の大人しい、二匹のワンコというつもりで、飼っていた。          でも思いだすと この子たちの母親のsnowyを飼い始めるとき、小さいわんこだったけど、Snowy4m

初めて室内で飼い始めたわんこだったし本で読むとテリアなのでてこずると書いてあったので、どうなるんだろうって先に心配しちゃってた。ケージの中で、シートをかじったり、吠えたり、その頃は吠えるというより、叫ぶ感じなので、どうしようと思いペットショップでおしえてくれた、しつけ教室へいくことにした。しつけ教室といってもまだ4ヶ月なので、パピー教室、2時間家に先生がみえて、家族を指導してくれた。まず2万円で、次は外のしつけを 大きい犬たちとも一緒にしましょうということで、5万円だった。でも今思うと パピー教室のとき教えてくださった先生は わんこにとって怖い先生だったと思う。私たちも身がすくんだもの。snowyがたまたまケージのなかで、先生に向かってないたら急に先生が新聞紙を堅くまるめた棒状のもので、床を激しくたたいて、「NO!」っと叫んだ。先生いわく、主従の関係をはっきりさせて、今ご主人はおこっているのだ!とはっきりさせること・言葉は家族で、統一して、だめ の言葉は「NO!」でわが家は決めた。よいことをしたら 大いにほめたあげること。っといわれ それからのわが家は感情の激しい家族になった。夫も先生の剣幕(べつに私たちにではない。まだ、4ヶ月のちいさなわんこにだ。)は 身もすくむ思いだったと今も 振り返る。  テリアは 気性が激しいので、主人がしっかりしないと いけません。といわれ、幕張や 習志野のしつけ教室会場まで、車で、かけつけた。 大きなわんこにも 恐れずにナカヨシになっていくsnowyでした。でも 大きくなってもなかなか 吠えるのは収まらず、外をひとが歩いても、ピンポンがなっても家中をかけまわって、吠えまくる。そのたびに人間も「NO!NO!」っと言って叫びまくる。という なんだか今考えると激しい家庭環境でした。ハズカシィ  Situke      1歳半で、赤ちゃんをそろそろと いう話になり、(今考えると早いよなぁ)でも もう1匹わんこが欲しくなったのだ。テリアにはまっちゃったのですよねぇ・・・結局 5匹の赤ちゃんが生まれた。この時なんとこの小さなわんこのえらいこと、まだ、1歳10ヶ月くらいなのに人間だと20歳くらいなのかなぁ もともと6kgくらいしかない小さいsnowyだったのが、おなかが急に大きくなって、プリっプリっと出産した。お乳を与え、おしりをなめて促し、体をなめてきれいにし、と あのわんわんないてうるさいわんこがりっぱに親になっている。生命の神秘。 030801_akachann001                                 5匹の赤ちゃんは 見る間に大きくなり、おなかがすくと 母スノの口のまわりをぺろぺろする。とスノは食べたものを吐いて、離乳食で与えるので、がりがりにやせてきた。コドモたちにも餌を水で、やわらかくして、与えても、まだ口の辺りをなめられると、もどして、与えようとするので、餌の時間をずらして、与えるようにした。でも アイスとココだけになると スノーもだんだん元気になり、力もついてきた。

それが、最後に散歩のときに首輪をはずして、道路に飛び出してしまうということになってしまうなんて、ココと散歩をしたいっと 楽しみにしてた、夫が 4ヶ月になったココをつれてでた直後だった、まさかまさか 即死だなんて、どうしていいかわからずおもわずスノーの口に 息を直接吹き込んでみた、でも薄目をあけたままのスノーは動かない、可愛がっていた長男はまだ、なんとかなると近くの獣医さんへもうしまっているので自宅へ乗り込んで、お願いしたりした。その間中私はうちのめされて泣き喚いているのみだった。あれから、アイスもココも親の年をすぎた。そして、この夏3歳になる。Photo_1

http://gonkun.com/index.htmlゴン の犬小屋という HPにアイスとココの母親のsnowyを登録してあって ウェスの親戚探しというところで、みると2001年10月28日うまれだったのだなぁと 改めて見る。スノーが死んでからつらくて開けなかったHPである。すこしづつ スノーが思い出になっていく。アイスとココは20歳まで生きて欲しい。よぼよぼになるまで、世話させて欲しい。 この二人だけになってから私たちはしつけなんか どうでもよくなった。生きているだけでうれしいのである。顔はスノーに比べたら、いまいちだけど、それでもいい 見方によってはかわいいから、元気で私たちのそばにいてほしい。いつまでも。

|

« すっかり元気 復活なのだ。 | トップページ | そういえば 今日はみんな遅いんだった。 »

コメント

アイスココさん、こんにちは。お友達のところでお名前は拝見してたので、なぜか初めての気がしません^^リンクさせてくださいね。よろしくです~。私もさっき脱走事件をUPしました。スノちゃん、事故でなくなられたんですね・・・。言葉で表現するのはむずかしいですが・・1日でも長く生きて欲しい・・そう思います。そして、スノちゃんはアイスココさん一家を空の上で見守ってくれてるんでしょうね^^ウルウルきますっ!しつけ教室・・私も今悩み中・・言う事聞かないのは彼らがわるいんじゃなく、飼い主である私の責任なんですけどね・・。ゴン君の親戚探し、今受付中止になってて・・残念だけど、あのすばらしいHPで親戚さん探す事はできました!感謝感謝です。

なんだか、文章めちゃくちゃですが、また遊びにこさせてください~^^/

投稿: プルプルまま | 2006年4月24日 (月) 19:41

こんばんは。

読むのが切ない。
”読みたいけど読みたくない”気持ちにかられましたが最後まで読みました。
多分言葉にしながらも涙が溢れてきたんじゃないですか?
辛いことは無理に忘れなくてもいいと思います。

さてさて…家も躾はしてません。
過去の環境からついつい。。。
でもその家庭の育て方でいいですよ^^

それとGW千葉訪問は5月2日か3日の予定です。
新築の家なのでワンコは…と言われてしまい、日帰りになりました。でも朝早く着くので、是非是非アイスちゃん、ココアちゃんともご対面宜しくお願いしま~す♪

投稿: 凛ママ | 2006年4月24日 (月) 19:44

あっけないもんですよね・・。っておきらくに言える事ではないですけど スノーちゃんは幸せだったと思います。 私ももしるなが亡くなったらどんな形ででも ショックは隠せないだろうし ペットロスってのになってるかもしれない。 だけど受止めないといけない事なのかな~って思います。
3ワンコを スノーちゃんの分まで 幸せにしてあげてください。 スノーウィーくんも喜ぶと思います。
って偉そうかな・・。

投稿: lunataro | 2006年4月24日 (月) 22:48

辛い別れを経験されていたのですね。3年近くsnowyちゃんの分も立派にアイスちゃんココちゃんを子育てされて・・・、2ワンともと~っても可愛いですよ。
私もワンたちには元気で長生きをして天寿をまっとうして欲しいと思っています。やんちゃで時々困らせられるけど、かけがえのない家族の一員ですものね!

投稿: カール君の母 | 2006年4月25日 (火) 09:20

悲しい経験されてるんですねっ(T.T)
目の前でなんて・・・

そうそう もう生きていてくれるだけで 幸せ♪感じますよねぇ
私もですぅ
でも でも うちの れーすちゃん 家でとってもうるさいんですけどぉ(>o<)
外では吠えなくて良い子ちゃんなのにぃ~
それに れーす 3ヶ月の時に しつけ教室通ったはずなんですけどぉ(;^_^A

投稿: フリル | 2006年4月25日 (火) 10:14

プルプルままさん~♪

こちらこそ よろしくです~プルプルさんのブログも拝見してます。2わんって楽しいですよね~うちも元気してますが、天国の わんの分まで可愛がろうとおもってます。

凛ちゃんママ~♪

いつも読ませてもらってます。凛ちゃんも毛が少ないそうで、スノーウィーも少なかったんですよ~赤ちゃんを産むころにすこしそろってきてました。そのコドモなのにアイスはもさもさぁそれで足の指も蒸れちゃうんだよね~わんこもいろいろだよね~
GW遊びに来れるそうでよかったぁ 3日は休みなのですよぉ 幕張でも稲毛でもとにおくんちへでもどこでも行けますよぉ~会いたいです♪

ルナタロウさん~♪

ようこそ♪ルナちゃんのブログも楽しくよまさせてもらってます。わんことの生活って もうかかせませんよね 楽しいブログまた お邪魔しますね~

カール君のママ~♪

カール君ちも3ワンで 楽しい毎日とハードな毎日が繰り返しだと思いますが、やっぱ かけがえのない子供たちですよね。ヒトの子供もかわいいというかかけがえはないけど、しゃべらない分見つめる目に 愛おしさがあふれて、お前達のためにはたらいてくるねぇ~って思わず言っちゃいますよー
カール君もおなかを 壊した様子お互い気がぬけませんね

フリルさん~♪

レースちゃんとても 吠えるワンコにみえませんよー駄菓子やさんのおもちゃにびびっちゃったんでしょ~デリケートなんでちゅって、きっといってますよぉ アイスとココはホームセンターでやった無料のしつけ教室をのぞいたときその先生は ほめましょうって言ってました。そのほうがずーっと精神的にいいですよぉ ココが吠えまくってアイスのハウスの上に登っちゃうとき 思わず怒りたくなるのですが、アイスに向かって良いコねぇってアイスの名を呼びながら 繰り返しますすると なにかもらえるのかなってココも来て静かになってます。でも、大抵は吠えまくりです。昔のようにノーって叫ぶことはもうしません。ヒトも疲れるので。。。

投稿: アイスココ | 2006年4月25日 (火) 12:30

こんにちは。
ちびっこsnowyちゃん、かわい~☆
涙をぐっとこらえながら読ませていただきました。
とってもつらい経験ですよね。
私ももしこはくがいなくなったらと考えるだけで泣けてきます。
でも、snowyちゃんはとーってもカワイイ子たちを残していったんですよね!

うちのこはくも、ピンポン鳴ったらわんわんわん!
アパートの階段を誰かがのぼる音を聞いてわんわんわん!
外ににゃんこちゃんがいたらわんわんわん!
とまりません・・・。
その度に「NO!!」 うちもまったく一緒です!

投稿: こはく | 2006年4月25日 (火) 12:36

ココちゃんがあらぬ方向を見て、ほえる事があるって、前におっしゃってましたよね。
きっときっとスノママですね♪
とてもお辛かったと思いますが、アイスちゃんとココちゃんがいてくれて、ホントによかったですね。
スノママちゃんの写真、見ることが出来てうれしかったです。

アイスちゃん、ココちゃん、一緒に長生きしようね
(byランバニ)

投稿: ぺったん | 2006年4月25日 (火) 13:18

こんばんは。
そうですか、事故でなくなっちゃったんですね。
かわいそうですね・・・
私も中学生のときに飼っていたマルチーズが交通事故でなくなりました。
突然道路に飛び出したので、snowyちゃんと同じですね。
私は塾から帰ってきてその話を聞いたのですが、塾に行く前に元気な姿を見たので全然信じられなくて・・・
ずーっと泣いていました。
でも母の知り合いの霊能者?というかそういうのがわかる人に「その子はいつもあなたの近くにいる」って言われて、姿は見えなくなってしまったけどずっと一緒にいるんだなって思えました。
きっとsnowyちゃんもアイスココさんのすぐ近くにいますよ!!
どうか、アイスちゃんとココちゃんが幸せに長生きできますように。
snowyちゃんが見守っててくれてるから絶対大丈夫ですよ^^

投稿: もも | 2006年4月25日 (火) 22:12

ウエスティ集合嬉しいです☆
突然だと連絡がうまく取れなくなると困るので、凛ちゃんの日記のところから直メール下さ~い!

投稿: 凛ママ | 2006年4月26日 (水) 20:48

こはくさん~

ありがとうーsnowyの生きてた証の子供たちなのでときにはわんわん超うるさいんですが、たいていは寝てたり大人しいので、snowyより家としては静かナンですよ~

ぺったんさん~

こんばんわ~ほんと スノママが来ている時もあると思います。もし違うものがきててもココの吠える声を聞いて駆けつけてきてくれると思ってます。
ランバニも長生きしようぜ!!

ももさん~

私もいつも snowyを思うとき空のうえで、白い雲の中を 走り回ってる姿が見えます。思い出すことで、きっと喜んでくれていると思います。忘れられないけどだんだんに遠くなっていきますが、ももさんもふと思い出すことあると思います。きっとそばにいるんですよね(^^)

投稿: アイスココ | 2006年4月26日 (水) 20:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すっかり元気 復活なのだ。 | トップページ | そういえば 今日はみんな遅いんだった。 »